面接時の身だしなみ

面接では第一印象が最も大切だと言われています。そのため、身だしなみを整えることがとても重要なポイントになります。
男性の場合は、髪の色が黒の短髪が好まれます。ワイシャツは白で、サイズがちょうど良いものを選びます。ネクタイも単色であまり派手ではないものを選ぶと良いでしょう。柄は水玉模様やストライプ、無地を選ぶのが一般的です。スーツやカバンはもちろん、靴下や靴についても、黒を選びます。
女性の場合、髪型は黒色で、髪が長い場合には、ゴムで後ろに1つにまとめておきます。前髪が長い場合には、ヘアピン等でとめて、面接時に手で髪を直す様なことが無いようにしておきます。
ワイシャツは白、スーツやカバン、靴は黒のパンプスで面接に臨む様にしましょう。また派手な装飾品や香りがきつい香水は、避けるようにしましょう。

面接中の基本的マナー

面接を受ける前に、事前に会社の住所やアクセス方法を調べて、面接の10分前に着くようにします。携帯電話は会社に入る前に電源を切っておきます。
受付や案内をして下さった従業員の方にも礼儀正しい対応を心がけましょう。この時の対応が悪くて、面接に落とされるケースもありますので、注意が必要です。
面接室に入る様に声をかけられたら、ドアを軽く2回ほどノックします。応答後、「失礼します」と言って入室します。ドアは、向かい合う形で静かに閉めます。次に背筋を伸ばして45度程度の角度でお辞儀をします。
そして面接の時間を作って下さったことに関してお礼を述べます。この時、面接担当者から「どうぞおかけください」と声をかけられる前に座るのはマナー違反になりますので、注意しましょう。
面接時はきちんと面接の担当者の目を見て、姿勢を正して話します。面接終了後は、ゆっくり落ち着いて立ち上がり、椅子の横に出て今日のお礼を述べます。
退出口で再度室内を向き、「失礼します」と言って面接官に会釈をします。ドアはゆっくり開けて、ドアに向かい合う状態で閉めます。この時音を立てない様にします。

anでアルバイト情報を探す
http://weban.jp/